眼圧

少なくとも早期発見できたことは,不幸中の幸いなんだよね。絶対。

そう思うようになったのは,でもずっと後のことだったかな。

毎日,毎日,この事がしこりになっていて,何をするにも心から楽しめなくなってた。

家族が心配してくれればしてくれるほど,ありがたいんだけど,ちょっとしたことで喧嘩になったり。いろいろありました。

眼圧はその頃は,25〜29程度で推移。

正常な人なら20以下なので,これはちょっと高めです。

眼圧はその名の通り,眼球の硬さを維持するための圧力のことで,これが高いということは目の周りの視神経を圧迫しているということ。

この視神経ってのがめちゃくちゃ圧力に弱いらしく,眼圧が高い状態が続くとすぐに侵されてしまって消失してしまう。

なので,病気の進行を抑えるためにはこの眼圧を点眼薬で下げることが治療法の一つらしい。

ポチも早速毎日点眼薬を差す日々が始まりました。

それと同時に,心配性に更に拍車がかかり,ネットや本で緑内障の事を調べまくる日々が続きます。
posted by ポチ at 16:39 | Comment(0) | 緑内障克服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早期発見

自覚症状があるようで無いこの病気。

目が疲れたなあ,とか,最近視力悪くなったかなあ,程度の自覚症状だったらまさか緑内障では?なんて思わないよね。

ぽちの場合もそう。目がしょぼしょぼするのは夜更かしのせい,最近目が悪くなった気がするのは夜中テレビの見過ぎ,くらいにしか最初は思ってなかった。

でも,生来の心配性の私。
家族ですら心配無いよって言うくらい元気なのに,自分でちょっと体の調子が悪いかなと思えばすぐ病院に行き,案の定「ゆっくり寝てください」程度で帰されるような私でした。

だから今度の場合も,きっと何も無いと言われると分っているのに,100%の確信がないと安心できない私は,いつも通りに普通に受診していました。

今回ばかりはそんなぽちの性格が功を奏したのかな。

「早期発見」できました。一応。

もちろん嬉しい気持ちなんてこれっぽっちも無いけど,この病気は早期発見がとっても大事なんだと後で分った。

視神経は一度失われると今の医学では二度と戻らないんだって。

そして,視神経が無くなるとそこだけ視野が欠けていって,最後は失明にいたる。
posted by ポチ at 16:26 | Comment(0) | 緑内障克服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緑内障の宣告

こんにちは,ポチです。

20代半ばになり突然,目の奥辺りが熱く感じて,沁みるというかしょぼしょぼな感じになった時がありました。

その時は結婚直後で環境も変わったせいで,ちょっと疲れたかなあっていうぐらいにしか思ってなかったんだけど,それが頻繁に何日も続くので,ちょっと心配になって(私はかなりの心配性です),眼科に行ってきました。

そして下された診断が緑内障。

緑内障?ってそれは何だっけ?よく聞く名前だけど。

ぐらいに思ってよくよく聞いてみると,普通は40代を過ぎた頃からかかる人が増えだす目の病気のよう。

20代の私がどうして?とは思ったものの,その時は面倒な病気にかかったなくらいにしか思っていませんでした。

治らない病気なんだ,って事が分ったのはちょっとしてから。

先生からは最悪は失明する人もいるよ,と聞かされたときでさえ,それは年をとった人で私はまだ若いんだし治せる,って思ってた。

でも,一生付き合わなければいけない病気だとわかって。。。

私には大きすぎる重荷。このあと50年くらい,この重荷を背負っていかないといけないんだ。
タグ:緑内障 失明
posted by ポチ at 15:28 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。