視野検査のお話

前回のブログにも書きましたが,視野検査をしに4ヶ月に1回通っています。

この前も進行はなくてほっとしたところ。

いつもどおり,左目だけの時に左下が見えない状態です。

一度欠けてしまうと一生見ることができないと思うと,やっぱり残念ですね。

でもこのまま維持できれば全然生活には支障無いし,普段気づくことすら無いくらい。

それにしても視野検査の時っていつも緊張するんだな。これが。

まず検査の機械を覗いて,真正面の一点を見つめてる状態にします。

で,その後不規則な間隔で光が点滅するので,それが見えたらボタンを押すといういたって簡単な検査方法。

ついでにその光と同時にピッという音も鳴ります。

この音が曲者で。

なんと,光ってないのにピッて鳴るときがたまにあるんだよね。

だから,光が見えないで音が鳴ってるときは,ホントに音だけが鳴っているのか,ポチが見えない範囲で光ってるからなのか,区別がつかないわけ。

つまり,ズルして見えてないのに音にあわせてボタンを押さないようにとのことらしい。

ズルが多いときはやり直しさせられるんだよね。まっ当然か。

なんかゲームのような検査なんだけど,自分の視野が前より狭くなってるんじゃないかっていう不安で,ポチは全然楽しめてません。

いつも緊張してそのゲームやってます。

でもこの前の検査も,無事『進行無し』という結果で,今までどおり点眼薬も付けないでいいよって先生に言われたしで,ハッピーが継続中なポチでした。




posted by ポチ at 09:04 | Comment(0) | 緑内障克服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。