中医学

鍼灸院の先生は台湾出身で,いろいろ「中医学」についても教えてもらいました。

針治療も慣れてくると,最初感じてた痛みは我慢できるようになってて,むしろ「いた気持ちいい」くらいになってたので,はり打たれながら先生とは世間話とかいろいろ話せるんですね。

そんな世間話の中で中医学のことも話してくれたんだけど,ポチの理解では,西洋医学とは違って中医学では,ほとんど全ての体の病気は,血とか水とかのバランスが崩れることで起きていて,そのバランスを元に戻すことで治す,ようなことなんだと思う。

だから,一見全く関係の無い(と思ってた)緑内障と貨幣状湿疹が,同じような針治療をするだけで,どちらもいい方に向かったのも,その血とか水とかの流れを元に戻してあげてるだけなんだって思えば,納得できるなあと思えるんだよね。

なかなかすごいです「中医学」。

いろいろなところで「いいよ,いいよ」って言われてる割にはあまり私には縁がなかったけど,実際のすごさを目の当たりにしてみると,やっぱりいいですね。

台湾の先生はもう60歳過ぎのようなんだけど,最近は先生の後継者の心配をしているポチでした。
posted by ポチ at 17:06 | Comment(0) | 緑内障克服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。