緑内障の原因

緑内障の直接的な原因は,ポチの場合もそうだけど,目の周りの液体(房水)がうまく流れないこと。

でも,何故そうなってしまうのか。

実のところはまだはっきりと解明されてないようです。

困ったもんです。。。今の医学をもってしても無理ですか。。。

ただ,統計的なデータは取られているようで,近視の人はその程度が高いほど緑内障になるリスクが高いみたい。

あと,低体温・低血圧・頭痛・冷え性の人も,血流の悪さから視神経が壊される可能性が高いそうです。

そういえば,私もかなりの冷え性でした。近視ではないですが。

とにかく血流を阻害するようなことはとりあえず避けたほうが良さそうです。

偏食,たばこ,過度のストレスなどなど,,,

そう考えると,緑内障の発症が若年化してるってことも納得できる気がする。

昔は緑内障なんて,お年寄りの病気って思われていたみたいで,20代でかかるなんてほとんど無かったそう。

それが,私みたいな若い人が発症するケースが急増しているそうです。

もう一つ,「正常眼圧緑内障」っていうのも同じように急増してるそうです。

これは,緑内障特有の眼圧が高くなるっていう症状が出ないまま,視神経が侵されてしまって,やがて視野が欠けていくものらしいです。

これはたぶん一番の困り者ですね。

だって,自覚症状がほとんで出ないから,更に発見が遅れてしまう可能性が高いでしょう?

実は,この「正常眼圧緑内障」の原因にも,視神経に十分な血流が流れないことで弱くなっているんじゃないか,っていう説があるようです。
posted by ポチ at 16:57 | Comment(0) | 緑内障克服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。